BE Wild 

 ページ「森野猫」 «新得から»


上陸した軍艦島の眺め 枠上
枠右 space
枠左下 枠下 枠右下

 初春、念願の軍艦島に上陸しました。
ツァー船から降り立った島には、日々朽ちていく建造物群がありました。

 ツァー船に乗り込む前に、その会社が経営しているというミュージアムの見学をしました。
あちこちから集められた写真や現在は立ち入り禁止区域で調査中に写したであろう映像も、バーチャル映像体験させて頂きました。 それらの写真や映像には、そこで生活する沢山の方々の姿もありました。 さらには、船内でお話頂いたツァーガイドの方のかつての生活体験談も興味深く聞かせて頂きました。 人々は笑い、活気があったことが想像できました。

 しかし、そこに同じように生きていたであろう外国人労働者の姿の映像も、彼らの話もありません。 国策に振り回された石炭産業の歴史は、最底辺で働いていた名も知らぬ方々に支えてられていたはずなのですが、 こういう所では出てこない話題なのでしょうかね。残念です。

軍艦島に現存する建物 枠上
枠右 space
枠左下 枠下 枠右下

 
 長崎は一大観光都市です。
ここは軍艦島のように、悲しい歴史の上に成り立っているように感じました。
今では観光資源になっている大浦天主堂も平和公園も、そこには悲しい歴史の上に成り立っています。

海からの軍艦島の眺め 枠上
枠右 space
枠左下 枠下 枠右下

 稲佐山にロープウェイであがってみました。
『世界新三大夜景』長崎の夜景は流石に素敵でした。
街の明かりに、列車が走るが明かり、そして港の明かり。まるで玩具の世界ですが、そこには沢山の方々が生きているんですよね。

そして、
夜景を堪能し、展望台をあとにする時、
何気なく、目線を向けた方向に見た、暗闇の空に刺さるテレビ塔に釘付けになってしまいました。

稲佐山のテレビ塔 枠上
枠右 space
枠左下 枠下 枠右下

(2019/6/16)



★更新履歴★
 Blog 森野猫 
 2016/10/12 過去のページ一覧 
 2006/09/04 お気に入り 



作成日: 2002年8月25日
作成者: 森野猫