教室

〒514-0009
三重県津市羽所町543
  割烹 ヤマニ
 TEL:059-228-3590

    随  時

〒514-0009 津市羽所町官有地
津駅ビル CHUM(チャム)- B1
津中日文化センター
TEL:059-225-8411
 第二・第四水曜日
    13:00-16:00



連絡先・お問い合わせ
 059−228−4080
     上田 美紀

お問い合わせメールは
    こちら
hattorit@koromonouta.com

お月謝 
コースは以下から
     お選び下さい
 
小唄(唄のみ)
 
小唄と小唄三味線
 ★長唄三味線
 
 
ヤマニ教室
 月4回の
 マンツーマン練習です
お月謝
 小唄のみ 10,000円
 小唄と小唄三味線
     12,000円
 長唄三味線
     12,000円

 中日文化センター教室
 受講生の合同練習と
        なります
お月謝
 中日文化センター
      の規定料金

リンク
 (社) 日本小唄連盟 
 長唄 杵勝会
 




 〜〜〜〜〜〜〜


小唄土筆会は土筆派三代目家元土筆 栄 師が
三重県津市で主催する小唄会です。
小唄や小唄三味線のお稽古に
たくさんの仲間が集まっています。
また土筆 栄 師は長唄師範 杵屋勝利美
としてもご活躍で長唄や長唄三味線を習う
お弟子さんも多いです。
長唄はとしみ会として活動を進めております。

教室はほぼ毎日、長唄小唄の区別無く開かれて
おりますので、お好きな日時を選んで勉強できます。

毎年の行事としては夏の浴衣会、
冬の丹前会の2回のおさらい会がありますし、
国立文楽劇場や京都歌舞練場で開催される
小唄連名関西支部主催の小唄会にも参加しています。
12月の忘年会やその他有志の懇親会など
交流会も盛んです。

また長唄教室では津市の文化祭に出演することもありますし、
現役で活躍されているプロの先生との交流会も行っております。

**************************
演奏会 予定

小唄連盟 関西支部  秋期講演会  11月 

小唄 長唄 三味線 に興味のある方 遠慮なく教室をお尋ねください。

**************************

平成30年9月9日(日) 土筆会  浴衣会を開催しました。
東京から杵屋勝利郎先生をお迎えし、また東京の伝統ある小唄会である夜雨会
から平田さん、鮎川さんの賛助出演を頂き、藤間章都弥社中の皆様の小唄振り
などもあり、にぎやかに33番の演目で千秋楽を迎えました。
かなり三味線が弾けるようになった7人の方には、
弾き語りにチャレンジして頂くなど新しい試みも行われました。






唄う杉本県議

小唄振り
  師匠プロフィール


 土筆 栄師は
割烹 ヤマニ の女将さんです。
邦楽好きのお父様や藤間流の
踊りの師匠であった叔母
(先代土筆栄八)の影響で、
幼少の頃より邦楽に親しみ、
平成26年に小唄土筆派
三代目家元を襲名されました。

毎日の熱心な指導にもまけない
体力と声の持ち主ですが、
それも芸に対する強い精進
の気持ちによるようです。

また大変気さくな方で、
夜間の練習中にも
割烹ヤマニに見える常連の
お客様から座敷で
一曲やってくれとリクエスト
がかかりますが、
そうなると練習は
しばし休憩となります。

 −−−−−−−−−−


  本日の小唄紹介
    

お月さんホイ

 
お月さんホイ
雲の中から飛んで出て
アレ見よ
野辺くまなくさえわたり
桔梗 かるかや 女郎花
招ぐ尾花や 葛の花
われもわれもと 鳴く虫の
その声ごえは
秋の夜長のつれづれを
何時か忘るる
その面白さ
千声(ちごえ)
百声(ももごえ)かずかず
松虫チンチロリン
鈴虫リンリン
くつわがガッチャガチャ
馬追いスーイッチョ
こおろぎコロコロ
みみずジイジイ
鐘叩きがチンチン
あいそづかしに
蚊がブンブン


 


   


     〜〜〜〜〜

   小唄の味わい

     一味

     二節

     三に声


写真で見る土筆会の活動はこちらです


  Copyright (C) 2006    小唄・長唄 土筆会  All rights reserved.