Mayclinicホーム
 
May clinic News
  トップ  
神経伝達物質と脳の機能:どんな働きをするの?
それぞれの神経伝達物質は、それぞれの神経末端から分泌され、相手の神経細胞の膜に局在する受容体に結合して、相手の神経の反応性を調節します。神経細胞は数千億個、それぞれが一億ほどの神経末端を形成しています。さらに数千億のグリア細胞も、それぞれ分泌して神経細胞と相互作用(お互いを変化させること)をしますから、脳の機能は、自然、複雑怪奇になります。
 
こんな訳ですから、個々の神経伝達物質が「何をするのか?」は、人間の言葉の文法が通用する世界ではありません。個々の神経伝達物質の働きを(向精神薬で)止めたり、増強したりすると、おおよその気分の共通項が垣間見えることがあります。このぼんやりとした傾向のようなもので、興奮とか抑制とか、乱暴なくくり方をするので、向精神薬の効果を安易に考えてはいけません。
 
一例として、SSRIの「セロトニンの神経間隙からの再吸収を阻害する効果」がウツ気分の改善に役立つという結果がえられても、個々人では吐き気、食欲不振、やせ、めまい、が出現することがあります。変数がたくさんありすぎて、結果の予測が困難なのです。

「神経伝達物質の原材料を十分に補給」し、「それぞれの補酵素を補給して、脳内の酵素(タンパク質)を十分に働かせる」。それにより、「神経伝達物質が本来のバランスで作用するようにし向ける」のが栄養療法です。
 
このページの上へ▲
注目の情報
主なトピックス 栄養療法は他の病態にも有効
主なトピックス さらに勉強するために
アクセスランキング栄養療法の根拠
1
2
3
4
5
6 ...
7
8 ...
9
10
アクセスランキング一覧
トップ
 
 
 
Copyright (C) May clinic   All rights reserved.