Mayclinicホーム
 
May clinic News
  トップ  
神経伝達物質と脳の機能:脳を酷使すると何が起こるのか?
脳に強い刺激が加わり続けると、神経伝達物質の分泌吸収が激しくなり、合成分解廃棄が盛んになり、やがてバランスがおかしくなります。これが疲労の正体です。神経細胞自体は眠っているときでも、さかんに活動していますから、活動を停止するわけではありません。蓄積された情報は整理して貯蔵し、不要な情報を廃棄し、脳の神経伝達物質のバランスをとりもどさないといけません。これが睡眠です。寝ているとき、神経細胞は休んでいるのではなく、作動の様子が異なるだけなのです。ある意味、覚醒しているときより、眠っているときのほうが、活発に活動していると言えます。
 
神経伝達物質を作るには、タンパク質(ペプチド、アミノ酸)、ビタミン、ミネラル(亜鉛、銅、鉄、カルシウム、マグネシウムなど)、脂質が動員されます。食事が悪かったり、消化吸収に支障があると、脳が正常な状況に復帰できません。「バランスよく、しっかりと食べること。適切な睡眠をとること。」これがコツです。
 
 

 
 
このページの上へ▲
注目の情報
主なトピックス 栄養療法は他の病態にも有効
主なトピックス さらに勉強するために
アクセスランキング栄養療法の根拠
1
2
3
4
5
6 ...
7
8 ...
9
10
アクセスランキング一覧
トップ
 
 
 
Copyright (C) May clinic   All rights reserved.