lMay clinicホーム
 
May clinic News
  トップ  
栄養療法で脳を健康にする法:栄養療法で脳を健康にする法
ストレスという漠然とした表現は一体、何を指しているでしょう?痛み、過酷な頭脳労働、睡眠不足、適応を許さない過酷な環境、いずれも「生命体が生き延びるために、脳の機能を振り絞らなければ状況」です。事態がさらに悪化すると、脳機能が傷害を呈することは、昨今、よく目にします。
 
不幸なことに、「疎外死への恐怖を脳に植えつけることで支配する」社会システムが一般化すると、人々は生き延びるために、「脳をフル稼働させつつ、過熱による破壊から守る」必要が生じます。
 
これからの世の中を生き延びるためには、気合だ、根性だ、では足りません。脳にとって刺激の強い情報社会では、それに見合った「脳の扱い方」を知らないといけません。

端的に表現すれば、筋肉労働が主だった時代の食事(カロリー中心)から「脳中心の食事」に変換することです。
 

現代社会は、「脳を酷使すること」を強要します。「より力強く、生き延びるための食事」という考え方を提唱します。

このページの上へ▲
注目の情報
主なトピックス 栄養療法は他の病態にも有効
主なトピックス さらに勉強するために
アクセスランキング栄養療法の根拠
1
2
3
4
5
6 ...
7
8 ...
9
10
アクセスランキング一覧
トップ
 
 
 
Copyright (C) May clinic   All rights reserved.