利府町長選挙 投開票の結果2018 速報一覧と情勢|新人4名対決

利府町長選挙 投開票の結果2018 速報一覧と情勢|新人4名対決

平成30年3月1日の任期満了によって、宮城県利府町長選挙が2018年2月18日に実施され、投開票の結果が明らかになります。

 

結果判明。下記リンク先の一覧をご覧下さい。

 

「利府町長選2018」の投開票結果の詳細は以下でお知らせしています。

利府町長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

 

宮城県利府町(りふちょう)は、県の中部にある町です。正確には、宮城県宮城郡利府町。面積は44.89平方キロメートルで、総人口は35,663人(2017年12月1日現在の推計)。丘陵地帯に果樹園が多く、ナシの栽培が盛んであると共に、松島湾でのカキの養殖も盛んです。
この利府町、歴史的には伊達正宗の領地にかかわる地域として有名で、ドラマチックな展開を見せてきました。平成12年には、東北地方最大のショッピングセンターとなる『イオン利府ショッピングセンター(イオンモール利府)』がオープンし、隣接してシネマコンプレックスの『MOVIX利府』等もオープンしています。
利府町には、宮城県の所有、及び利府町の所有する、いわゆる公的機関が運営するほぼ同種類の「運動施設」が、半径1キロメートル程の中に集中しています。県庁所在地ではない自治体としては、これは全国的にも珍しい事で、ユニークな自治体であるといえます。
平成13年開催の国民体育大会(新世紀・みやぎ国体)では、国民体育大会史上初の県庁所在地ではない自治体がメイン会場となり開会式を行い、翌平成14年には、日韓ワールドカップサッカー大会(2002 FIFAワールドカップ)の会場地となりました。

 

この記事では、利府町の今後の発展を占う、利府町長選挙2018の当選・落選の当開票結果と立候補者の情勢についてまとめています。

 

府町長選挙2018の立候補者4名の横顔

 

利府町長選挙2018は、過去5期にわたって利府町長を務めた鈴木勝雄氏の任期満了(平成30年3月1日)によって実施されます。鈴木氏は、これをもって引退を表明した為、市長選挙には、過去最多となる4人が立候補しています。

 

利府町長選挙2018の立候補者は、全員が無所属・新人で、羽川喜冨氏(元町議会副議長)、大野尊行氏(元町職員)、熊谷大氏(元参院議員)、吉田裕哉氏(元町議)の4名です。

 

 

立候補者4名の町長選挙における主張を見てみると、市の抱える課題(子育て教育支援策・高齢化対策・渋滞解消等の交通対策など)については、一部ユニークなものも見うけられますが、ほぼ共通した訴えとなっています。

 

問題は、文化複合施設の建設計画。本件については、4候補のそれぞれが異なる主張を展開して激しい論戦となっており、町民の意思の反映を決定づける要因ともなっています。

 

羽川喜冨(はがわ よしとみ:無新・56歳)氏の主張とプロフィール

 

『文化複合施設の建設計画』については、基本的に推進の立場を取っており、コストや設計面での修正を表明しています。具体的には、「文化複合施設に地場産品の販売所や加工場を併設し、稼働率を向上させる」との訴え。町民参加型の町づくりを提唱しています。

 

【元職】町副議長。【履歴】商店主▽県議秘書▽東北学院大卒。

 

大野尊行(おおの たかゆき:無新・44歳)氏の主張とプロフィール

 

『文化複合施設の建設計画』については、見直し案を示しており、具体的には、「図書館などに機能を絞ってコスト削減を目指す」との訴え。対話を重視し、地域に応じた施策を進めることを強調しています。

 

【元職】町職員。【履歴】電子機器会社員▽東北福祉大卒。

 

熊谷大(くまがい ゆたか:無新・43歳)氏の主張とプロフィール

 

『文化複合施設の建設計画』については、建設推進を強調しており、鈴木勝雄町長の支援を受けて文化複合施設の整備推進を公約に掲げています。小学校給食の無料化を主張しています。

 

【元職】参院議員。【履歴】中学英語講師▽松下政経塾生▽東北大院卒。

 

吉田裕哉(よしだ ゆうや:無新・40歳)の主張とプロフィール

 

『文化複合施設の建設計画』については、計画の全面見直しを力説しており、財政面での将来負担を指摘しています。「行財政改革の強力な推進」の必要性を訴えています。インターネットを使っての選挙戦を展開しました。

 

【元職】町議。障害者活動支援団体会長。【履歴】会社員▽仙台二高卒。

 

 

利府町長選挙2018の当開票結果一覧(立候補者一覧及び当選者名簿)

 

まずは、利府町長選挙2018の投開票に関する実施概要を確認します。

 

利府町長選挙は2018年2月18日に投開票を実施

 

自らの投票についてはまず、投票所入場券の内容を良く確認しましょう。

 

【告示日】

平成30年2月13日

 

【期日前投票期間】

平成30年2月14日から2月17日

 

【投票日及び開票日】

平成30年2月18日

 

【投票時間】

午前7時から午後8時まで。

 

【投票場所】

町内14箇所。

 

【開票場所・時間】

即日開票(午後9時から町総合体育館で開票開始)。

 

【有権者数(人)】

29561人(男:ーー・女:ーー)
※ 平成30年2月12日現在。

 

【投票率(%)】

投票結果待機中。

 

【執行理由】

任期満了

 

【定数/候補者数】

1/4

 

詳細はこちら⇒ 平成30年2月18日は「利府町長選挙」「利府町議会議員補欠選挙」の投票日です | 利府町
☆ 広報はこちら⇒ 利府町長選挙公報

 

 

 

利府町長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

 

今回、2018年2月18日投票の利府町長選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。

 

利府町長選挙(2018年2月18日投票結果)

告示日:2018年2月13日

投票日:2018年2月18日

有権者数(人):29223

投票率(%):45.69

執行理由:任期満了

定数/候補者数:1/4

 

利府町長選挙2018 立候補者の投開票結果 一覧名簿

 

利府町長選挙(2018年2月18日投票)
【告示後:届出順|結果判明後:得票数順 にて表記】

 


no

得票数

氏名

年齢

性別

党派

新旧

1

5922

熊谷 大
くまがい ゆたか

43

無所属

2

 

3652

羽川 喜冨
はがわ よしとみ

56

無所属

3

 

2053

吉田 裕哉
よしだ ゆうや

40

無所属

4

 

1624

大野 尊行
おおの たかゆき

44

無所属

 

 

 

利府町議選2014の投開票の結果一覧名簿

 

前回2014年の町長選の投開票の結果(当選・落選)一覧は以下のとおりでした。

 

利府町長選挙(2014年2月16日投票)の投開票結果

 


no

得票数

氏名

年齢

性別

党派

新旧

1

7399

鈴木 勝雄
すずき かつお

70

無所属

2

 

3715

及川 智善
おいかわ ともよし

62

無所属

 

利府町長選挙2018の当開票の結果と開票数・投票率について

 

利府町長選2018の当開票結果の詳細については、投票日当日の結果を受けて随時更新致します。

 

また、利府町長選挙2018の投開票の結果を受けて、真新しい事実や立候補者のその後についての情報があれば、ここでご紹介致します。

 

仕事・資格・お金>ビジネス:PVランキング