たまぶりぶり通信

たまぶりぶり通信

ジャンル=国語教育・その他

1997/10/13開設
(Asahi-net)
2000/10/01移転
(Bekkoame)
2002/04/01移転
(eo-net)
2003/03/01移転
(nextftp-com)

著書紹介
白瀬浩司の著書紹介!

たまぶりぶりというのは江戸時代の玩具の名前です。ただし、ここでは、高校生たちの「たま=魂」が「ぶりぶり」と横溢する姿を書きとどめたいという願いをこめて、この言葉を用いています。

山田詠美・鎌田敏夫・清水義範・鷺沢萠など現代作家の作品を取り上げた国語(現代文)の授業実践や、教室で配布した教科通信・学級通信を紹介するとともに、教育雑感・読者通信・教育関係リンクのコーナーなども併設しました。

いまや児童・生徒たちの嫌いな教科の上位に位置づけられてしまう『国語』。作品を読むことや自分を表現することは楽しいはずなのに、どうして授業になると「つまんない」のでしょうか。

国語教育に関心のある人も、かつて国語には苦労させられたという人も、ここで、私と真面目に、なおかつ、しなやかに、国語や国語教育について考えてみませんか。

>>>総目次>>>授業実践>>>教育のツボ>>>国教法>>>読ぶり通信>>>掲示板>>>Infoseek特選サイト

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業____アクセスカウンター